子どもを臆病にしたのは私のせいだと気にしていて

父親にだけそれを要求するのも少し酷な気がする

どうも合わないといっても、なんとかそれでもやっていかねばならないわけで、そのしのぎ方というか、工夫の仕方を考えねばならないのです。むしろ、全国の子どもに一律に保障される義務教育というのは、実は、そういう工夫のための場を、すべての子どもに保障しようということでもぁるのだと、そこを悟らなければと思うのです。
合わないといった感じのクラス、工夫。その工夫の場が学校なのだ、先生、友だち。......それらとどう合わせて1年を乗り切るかのと。
なかには学年が1クラスという小さな学校もあって、中学の三年間同じ担任の先生ということもあるのが現実です。いろいろやむを得ない変則というのがあるのですね。それをどう乗り切るかをとにもかくにも工夫しなければ……。母親だけの昼間どうも今度の先生、合わないよ。
ああいう先生ではまるでやる気が湧いてこない……ぶぜんと、子が憮然とした調子で言うのを、共働きのお母さんは、自分の出かける準備のためにそれどころじゃないといった様子で、そう。私も今合わない課長で、大変、大変。おまえも大変ね、啓子
うるさいのよね。いつもひとことふたことみことが「あーら、そう。うちの課長もひとこと多いのよ。あれを言われちやうと、こっちがみじめになるだけ」
くても見てて、いやになる。
しらけちゃう。
あの先生とは、私合わない
ごくろうさん。

  • 先生は頭が悪い
  • 子どもの性質を変えようとしないもう一つ
  • 子どもが親の神経をゆさぶりに来て

子どもに考えさせてみましょう。

ほい、それ、取って
椅子の背にかけたタオルをひょいと母さんに投げ渡しながら、啓子はグルグルッと首を回して、両肩を上げ下げしている。
それからふと横目でテレビの画面の時刻を見るや誘っていってやる。

えッ、遅いじゃん。
じゃーね英子は今日も遅れてるよ。
母さんも遅れないようにね。

行ってらっしゃー家族の一人ひとりが、仕事場へ学校へとそれぞれ今日一日の励みの場に出かけていく。
一人のリズムが狂えば、みんなに波紋を投げかけることになるから、とりあえず家族誰もがそれぞれの場の
充実ということを心がけよう。
中学教員に尋ね
場なのですね親の勤める会社だって、子どもの通う学校だって、いわば社会の現複数の人間がもたもたがたがたと群れあって、なんとか自分にもよかれ、まわりの誰にもよかれと工夫しあっていかざるを得ない現場。多少雑な表現ですが、まあ、出たとこ勝負、やっつけ仕事で、やりこなしにくいところもどうにかやり過ごす、ということが時に大事。
おもしろくない先生が担任ということになった。
思うわが子に、親が元気をつけてやるのです。
この学年、一年間がどうにも暗くなりそう、と「運も不運もいろいろあるのよね。クジ運が悪かったとでもあきらめる。だっておまえのクジ運の悪さっていえば、まず第一に、こんなお母さん、あんなお父さんのもとに生まれちゃったってことだよ、って、おまえも悟ってると思うのよ。教育と冒険

子どもの心身の発達にゆがみを与えてしまいます。

クジ運のあきらめぐせは、それで鍛えられてるからなんとかなるわ。啓子」
ハハハ、わかってるわけね、母さん
ノート対立にならない触れあいからしゃっきりしないわが子の様子を見て気になっていた親は、数日後の親の会のあとで、「先生、ごめんなさい。こんなことを言って。実はうちの啓子が先生と合わないと言うんです。
まったく失礼な話です。
すみません」
素朴にことばにしてしまったのでした。
山名啓子クソが、と、そうですか。
担任の私とどうも合わないと。
失礼どころか、むしろこちらは気がよくお教えくださいました。意外なんです、これは素直に応じてくれる子で、合ってるぐらいに思っていましたからね。そうですか。
うーん、なんだかクラスが雑然としていて、まだまとまりがなくて。啓子クンはよくやってくれているので、彼女がまとまりの中心になってくれれば、とちょっと期待しているくらいで……なにが問題なのかが少しわかってきそうに思えたのでし先生の話すのを聞いて、啓子の母親は、た。で、その日帰って当人に言いました。

今日、会のあとで、先生とほんの少し話していて、なんだか話のできない先生ではないと思ったわ。教育と冒険

教育と冒険

思い切っておまえ自身が思っていることの言える先生だと、そんなふうに思った。機会ができ
るよ、そのうちきっと
そうかなあ。話せるかなぁ
話せるよ、そのうち
そうかなあそう思う
ふーん
こんなときのちょっとした会話も、先生に子どもの気持ちを親が訴えたとは言わず、また親のほうからしたらいいから、しなさいという誘いや指導や命令という、今後に向けての意志未来型の約束事にもせずに、する気になってしまうように思うとかという、まあいってみれば未来完了型的な明るい確実さとして、子どもに話しかけるという配慮があればと思いますね。


母親だけの昼間 川崎市の母さんの記念日に 母親だけの昼間

カテゴリー: 伸び, 才能 タグ: , , パーマリンク