母さん世代

しつけようと思ったときにはどう

子供は預かりものです。だって、「先のことまで考えないですよ。第一そんなふうに、納得していないから仮のアルバイトをとりあえず」

とりあえずとりあえずのつなぎで一生を送るのって、しんどい?ああ、しんどいですねしんどいよねぇ
、しんどい
みんな同じでなければならないという強制で育てられ、違っているのだから、じゃあ離れますよと気持ちが離れても、この世の中からはずれてしまうわけにはいかない宙ぶらりんのままでは耐えられなくて、私のところに相談に来たりもする。
みんな違っている者同士が、とりあえずの形で、落ち着ける場を見つける。
な、学校も勉強も受験も単位も、就職試験も、とりあえずクリアしなければ、して、そういうのは嘘だ、他人はともかく自分には許せないと言う。
そのためには世間的と言うと、薄笑いを人なつっこい表情を見せ、幼い頃はさぞかし可愛がって育てられたのであろうと見える素直なちのために、思春期には大事な話を人格と人格のかかわりにおぃて話し合っていきたいと素朴に願った青年。
育てられたと感じる女性

大学に入る前に振り落とされてるはずなんです偏差値

なんとも人なつかしげで淋し相談時間の時間切れになって、い心優しさの印象が残るのですそれじゃー
と立ち上がったが、あの青年は、今どこでどうしているのでしょうか。

問題行動が心配の種

いじめに解決策はないものかひどいいじめ方をしているようだという情報が親の耳に入るとします。
いじめているのが、なんとわが子だと!
こんなことが耳に入ってしまった以上は、黙って放っておくわけにはいきません。
なんという馬鹿なことをしておるのだといらだった親は、とにもかくにも事をはっきりさせずにはおれなくておい、隆之。
おまえ、いじめてるって、ほんとうなのか

といきなり問いただしてしまいがちなのですね当人はうろたえて
え?学校に入り一流企業を目指すよう

子どものことばが親の心に届く。


誰から聞いた、そんなこと?
「誰からでも、そんなことはどうでもいいことだろうが。どうなんだ、ほんとのところ」
知らねえよ、そんなこと
他人事じゃないんだぞ。知るも知らんもないじゃないか。おまえが山崎とかいう子をいじめてるグループのリーダーだって、耳に入ってるんだよ、ちゃんとな
だから、「嘘つけエ。
くだらない。
知らないよそんなことしらばっくれるな。
弱い者いじめなんて、なにを言っても、ばれてしまってンじゃないかよオ。
なんだよ.最低だよ。
わからソのか。
ほんとならほんとと言え」

そんなもの、覚えがないからなぁほんとうかぁ?もしウソだったらどうする

親にウソついてみたって、どうしようもないじゃない。
教育されている。

母親に対する温かみ

子どもと接触する時間を大事にするよう
勝手に誰かが言いふらしてンだよ。
誰だかわかったらタダではおかんからな横から母親が口を出します。

ほんとのことを言ってよ。もし変なことになったら、
だって、関係のないものは関係ないんだからなほんとになんにもしてないのね、おまえたち
うっせェなあ。うざったいよ、な。頭にくるぜ
こっちが頭にくるわよ
親の私たちが辛いんだから
と、まあ、こんな向きになりがちなのですねえ。これでいよいよ問題は陰湿なものになっていく。
なにかというとすぐ、うるせェとかうざったいとかむかつくとか、実にもうまったく荒んだまたち……。
子どもの要求するものは何かをよく観察して

育児の内容

それが子どもたちの日常と思いあきらめている親が、この国中のどこにいても当たり前の時代になってしまいました。そういう子どもの通う中学校では、教員自体までもそういうことばを平気でつかっていることが多いくるで吐き棄てるような捨てゼリフしか口にしなくなった子どもらいなのですからね。
荒んだ気持ちをぶっつけあっているばかりで、なごむ思いなどは、どこからも湧いてきようがないだから、なにか気のまぎらせようがないかと物色をして、はむかってこれない弱い者を見つけて、気の晴れるまで痛めつける。
誰よりもいじめている当人が十分わかっていることいじめは筋道の通らぬものだということは、なのに。
だから、正面から問われて、はいしていますと公然と答えるはずがないのです。
小学校高学年以降になる

子どもにかかる出費で生活費はアップ。

子育て期をよりラク
昭和六十一年の東京·中野の葬式ごっこのいじめなどは、自殺した中二の少年の心を徹底的に痛めつくした悪ふざけに、教員までもがしっかり参加していたのですものね頭ごなしに偉そうに言っても聞くものではない、子どもの中に入っていかねば、といった思いではあったのでしょうが、子どもに巻き込まれて、なんのことはない、どうしようもない常識はずれの超悪ふざけに、教員が乗ってしまっていたのです。
お頭ごなしに生徒をやっつけようとするな、と言われると、これほどもまた堕ちた馴れ馴れしさに
はまるどうしようもない、といってしまいたいほどですが、決してどうしようもないのではないのですよ高みから子どもを断罪してかかろうとするのではなく、かといって、へりくだって同じくだらなさに陥るのでもなく、要するに人格対等の立場に立つ。

カテゴリー: 子ども, 学習 タグ: , , パーマリンク