父親は高度経済

子供は進学先

「家庭状況に問題があるとなると、学校の風当たりも容赦のないものになるのさ」
という意味のことを少年が大声でわめいていたのを、恭子は耳にしたことがあります。
不審火や、教員の乗用車の盗難や、暴行事件などで、手にあまった父親の要請で、リには、地域の児童相談所を通じて教護院へ送り込まれてしまったのでした一学期の終わ彼女自身も、型どおりに高校に進学することに疑問を抱い世の中のことを考えはじめた恭子は、ていたということです。
でも自分の思いを聞いてくれる者が学校にも家にもいなかった。
先生たちは例外なく、俊司のことは、学校中を騒乱のるつぼに叩き込んだ悪の張本人と考えているのである以上、少女は彼への思いにからむ自分の気持ちを、学校の先生には話せない。
子供が生まれたらその子をどういう人間

成長にたとえるならば

学校で居眠りをしたりということもでてくるだろう。

教育的闘争史また、親しい女友だちに伝えたら、なんのことはない男女のうわさ話になって広がるだけのことだとしか思えない父や母には、かけらも話し合えるものだという気がしなかった。
どこに身を置くのも落ち着けないという気分で、いつしか恭子は、女友だちにもなにも言わずにクラブ活動のテニスで遅くなると言いつくろって、普段行くはずのない裏町の地域へ足を踏み入れるようになっていたというのです。なんの目的があってというようなものではありませんでした。
自分でも大胆な行動だな、とあきれるような。

母合計して九〇パーセントもの相談をしているけれど

子どもについてです。
でもそう思う自分からずっと離れていってしまっこんなところへ制服でやってくる女の子って、おまえだけだよと親しく声をかけてくれたおばちゃんが、部屋へ入ってこれと着替えなと言って手渡してくれた服を、手まねきされるままに
着替えた自分は、まともな人間になりつつあるのだ……と彼女はそのとき思ったというのです。
通過点として越えていくぼんやり歩いていてつい乗せられてしまったわけで、そこはいわゆるテレクラのようなところの裏の通用口なのでした。
はじめての人はこっちこっちの呼びかけで、そちらへ仲間入りして、遠い声のような耳元の声のような説明を聞きながら、何人かの女の子のなかの一人として、身を処していた。
学校にまで影を落とす

母のほうは不本意だった。

母親はすでに読
夢のような何日かを過ごしていたというのです。
きせん職業に貴賤の違いはないのだから……と、おなかの中で、繰り返し唱えている誰かがいた、と恭子はそのときの自分でもなんだったかよくわからない心境をしごく曖昧にしゃべってくれるのでした。
あいまいささや何人目だったかの男性と同室していたとき、君はこんなところにいてはいけないと耳元で囁いてくれ、約束したとおりにそこを出て、待ってくれていたその男と、夜の街をあちこち歩き続けたというのです。

子どもの性向を観察

子どもの責任感を養うことに役立ちます。
話しているうちに、少女のことばがしっかりしたものになってきました。

その人の話を聞いているうちに、私にはどうしても、その人が小中学時代の中山俊司君とイメージがだぶってしまうのです。その人も中学時代にぐれるだけぐれたというのです。
婚したというのも同じなんです。
そして、親が離かわも河原へ出て歩いていて、あの人が川面へ石を投げたのです。すばやくかっこよく、小石は四回も五回もはじいて遠くへ飛ぶ。運動神経のよい身のこなし方を見て、やっぱりこの人は俊司君と同じタイプだと思ったんです。
遊びにおいでよ、ときどきと言ってくれて、それから何度もその人の家へ行ったのです。マンションで表札が出ていない部屋です。名前を聞いていないままなんです。
大学だけは行かせてあげたいんだまず

育てる書き方をしています。

やがてまた引っ越すんだとか言ってきたから、もうあそこにはいないのではないかな少女は、そこでぐーっと一気に冷めた紅茶を飲み干し、言いました。
そして、ずっと当たり前な感じになって私がなにも言わなくなってどこでどうしているかがわからなくて、親は私のあとを誰かにつけてもらったようです。だから、その男の人のところへ行っていたことなど知っています。
親には話す気などないし、誰もわかってくれるはずなどないと思っていたので、ここでこんなになにもかも聞いてもらうことなど考えていませんでした。

カテゴリー: 先生, 父親 タグ: , , パーマリンク